痛くなくしっかり噛める入れ歯

ノンクラスプ義歯

 部分入れ歯には基本的に金属のばねがあり残っている歯にそのばねをかけることにより入れ歯を維持し、安定させる効果があります。しかしこの金属のばねが前歯付近にかかると見た目が悪くいかにも入れ歯を入れていますというようなイメージがあります。また、金属のばねがてこの様に歯牙を抜く方向に働きます。 そこで最近海外から輸入されているポリアミドナイロン樹脂という素材を使用した入れ歯があります。この入れ歯は軽く、柔軟性がありばねとなる金属を使用しません。そのため見た目もよく、ほとんどが粘膜負担なので歯牙に負担がかかりにくく、また金属アレルギーの心配もありません。
 しかし、欠点として特殊な素材なため歯茎とあわなくなってきたときに裏打ちが不可能で人工歯以外は作り直しをしなければならないこと。専用の洗浄剤を使用しなければならないこと。厚生省で認可がでていない素材なので海外での作製を依頼しなければならないこと。しかし当院では、日本国内に材料を個人輸入して作製している技工所と提携していますので、製作まで日数がかかりません。

ノンクラスプ義歯1.JPG
ノンクラスプ義歯2.JPG  ノンクラスプ義歯3.JPG
                         曲げても壊れない


シリコン義歯−コンフォートhttp://www.bitecglobal.com/doctor/intro/
『噛める入れ歯』から『噛みしめられる入れ歯』へ。これが最新の技術で生まれた生体シリコーン義歯『コンフォート義歯Comfort Denture』です。コンフォートの名のとおり、今までの入れ歯に比べ気楽に食事を楽しむことができる義歯です。
 大阪歯科大学の研究では、噛む力が通常の入れ歯の2倍以上に上昇することがわかりました。
 生体シリコーンはその吸着性、生体親和性、弾性により安心してご使用いただけます。
シリコン義歯.JPG
<バイテック・グローバル・ジャパン社より引用>